line17.png

title(summer).gif

line17.png

特展TOPバナー.png

 近年の発掘調査の進展により、纒向遺跡など市内の遺跡が全国的に知られる機会が多くなりました。しかしこうした遺跡が、戦前から地元の研究者らによって紹介されてきたことは、あまり知られていないのかもしれません。
 今回の特別展では、こうした戦前・戦後の桜井の郷土史研究にスポットをあて、当時発見された遺跡や遺物だけでなく、祭りなど民俗や石造物に関する資料を紹介します。そして、その成果によって扉が拓かれ、現在の研究の礎となっていることを知っていただく機会となればと思います。

◇開催期間: 平成28年10月5日(水)~12月11日(日)※終了しました
◇開館時間: 9:00~16:30(入館は16:00まで)
      ※12/11は18:00まで延長
◇休 館 日:毎週月・火曜日(祝日の場合は開館)
◇場  所 :桜井市立埋蔵文化財センター展示収蔵室
◇入 館 料:

一  般(団体) 小中学生(団体)  ※団体は20名以上
300(200)円 150(100)円  ※12/10・11はシンポジウム参加証提示で本人のみ団体料金扱い

※展示ご案内チラシ(クリックで拡大)
60th展示チラシ1.jpg60th展示チラシ2.jpg

チラシのダウンロードはこちらLinkIcon特別展示「拓かれた扉」(PDF形式・2.42MB)